東京都で飲食店の開業・営業許可手続きのご相談なら、たてやま行政書士事務所へ

お酒の販売免許の条件になる「滞納処分」の意味


お酒を販売するには「酒類(しゅるい)販売業」

の免許が必要になりますが、

(酒税法9条1項)

 

二年以内に国税、、地方税の「滞納処分を受け」

ていると、免許が出ないことがあります。

(同10条6号)

 

ただこの条件にいう「滞納処分を受けた」というのは、

 

『徴収法第47条《差押の要件》第1項又は第2項の

規定により、財産を差押さえられたこと

(地方税法(昭和25年法律第226号)等の規定により

滞納処分の例によることとされた場合の差押えを含む。)

(国税庁法令解釈通達)

 

単に「滞納した」だけじゃなくて

差し押さえなどの「処分」を受けた場合

なんですね。

 

ということは、免許取得できるかも!?

 

 

お酒の販売免許の取得をお考えの方、

詳しい要件等、お問い合わせ下さい。

お見積り無料です。

無料で問い合わせる


コメントをどうぞ

CAPTCHA