東京都で飲食店の開業・営業許可手続きのご相談なら、たてやま行政書士事務所へ

バー・居酒屋深夜営業手続き

 

バーや居酒屋、(接待を伴わない)スナックなど、深夜もお酒を提供するお店を始めるには、「飲食店営業許可」に加えて、警察署に深夜営業開始の届出をする必要があります。

もちろん飲食店営業許可があれば、午前0時まではお酒も提供することが出来ますが、深夜(午前0時から午前6時まで)にお酒を提供して営業するためには、その10日前までに「深夜営業開始届」を済ませておく必要があるのです。

バーなど、朝までお酒が飲めるようなお店を開業されるのであれば、オープンに合わせて深夜営業の届出も済ませておきたいですよね。

当事務所では、保健所の営業許可申請と並行して深夜営業の届出書類もご用意できますので、スムーズに準備を進めることが出来ます。

また、風営法に基づき、保健所の設備基準とは異なる設備基準もありますので、バー等の開業をお考えの方は、ぜひ飲食店の営業許可と併せてご相談下さい。

 

接待を伴う飲食店の深夜営業

キャバクラやスナックなど「接待」を伴う飲食店は、原則として深夜(午前0時から午前6時)に営業することは出来ません。
※繁華街など、一部地域で延長可能な地域あり

深夜酒類提供の届出をして深夜営業ができるのは、あくまでも「接待」を伴わないお店のみです。

判断に迷われる場合はお気軽にお問い合わせください。

 

深夜営業を開始するには(地域・設備要件など)

深夜営業開始届は、「飲食店営業許可」が出ていることが前提になります。

 

→ 飲食店営業許可について詳しくはこちら

 

深夜営業の届出には実地検査はありませんが、深夜営業をすることが出来る地域や設備について独自の制限があり、この要件を満たしていないと届出が受理してもらえません。

東京都では、「住宅集合地域」「工業専用地域」に指定されている地域では深夜酒類提供飲食店は営業できません。

また、店舗の設備等についても制限があります(客席の面積や1mを超える衝立や間仕切りの禁止、掲示物の制限等)。

開業の段階で午前0時以降の営業を考えている場合は、こうした点も踏まえて準備を進める必要があります。

「届出」が受理されて10日経てば深夜にお酒を提供して営業をすることができます。

なお、深夜営業の届出には手数料はかかりません。

 

バー、居酒屋開業までのスケジュール

飲食店営業許可&深夜営業開始までのおおよそのスケジュールです。
(弊所にご依頼の場合)

 

お問い合わせ・お見積り

 

 

ご入金確認

・業務報酬と下記申請手数料の合計額をご入金ください

 

 

① 店舗訪問・設備の確認(弊所)

・店舗へお伺いして打ち合わせ、現状の設備等の確認をさせて頂きます

 

 

② 飲食店営業許可申請

・(工事と並行して)申請書類準備
・(設備完成の約10日前)保健所申請・検査予約
・(~1週間程度)保健所の実地検査
・(~1週間程度)飲食店営業許可書交付
※→ 飲食店営業許可について詳しくはこちら

 

(並行して)

 

③ 店内計測・届出書類・図面作成(弊所)

・工事、飲食店営業許可書の交付までに、並行して深夜営業届の書類や図面、添付書類等をご用意します(お客様ご自身にご用意いただく場合もございます)
・深夜営業の届出には営業所および客室の詳細な図面が必要になりますので、工事の状況を踏まえて店内の計測を行い、図面を作成いたします。


<必要書類等(東京都)>
1.深夜における酒類提供飲食店営業 営業開始届出書
2.営業の方法を記載した書面
3.営業所平面図・求積図
4.客室等求積図
5.求積表
6.音響・照明図
7.住民票(法人の場合は全役員分)
8.(法人の場合)定款のコピー、履歴事項証明書
9.(外国人の場合)在留カードのコピー
10.飲食店営業許可書のコピー
※その他、警察署によってメニュー案や誓約書、営業所の周辺図、物件の契約書や使用承諾書、メニュー案などの提出を求められる場合があります

(飲食店営業許可書が交付されたら)

 

④ 警察署へ届出の予約(弊所)

 

 

⑤ 届出(弊所)

※お客様ご本人の同行を求められる場合があります

 

(10日以上)

 

⑥ 深夜営業開始

・届出から10日以上経過すれば深夜に酒類を提供して営業することが出来ます

 

バー、居酒屋など、深夜営業のご相談はお電話・メールで!

●お問い合わせ・お申し込みは、お電話またはメールでお気軽に

⇒お電話 03-6910-4705

⇒お電話 03-6910-4705

⇒お問い合わせはこちら

 

●お見積りは無料です!ぜひお試しください!

⇒無料お見積りはこちら

 

 

※飲食店営業許可申請時は、保健所窓口にて別途申請手数料16,000円~18,300円程度が必要です。

(自治体によって異なります)