東京都で飲食店の開業・営業許可手続きのご相談なら、たてやま行政書士事務所へ

やばい、引っ越したのに届出を忘れてた‥


バーやスナックなど、警察に深夜営業の届出をして営業しているお店は、

届出事項に変更があったときには

所轄警察署に「変更届」を提出しなければなりません。

 

忘れていると、けっこう怒られます。

(新人のころ、営業者さんご本人と間違えられたらしく

のっけからガチトーンで怒られ続けたことがあります)

 

 

「届出事項の変更」とは、よくある内容としては、

 

・引っ越して住所が変わってた

・結婚して住所が変わってた、名字が変わってた

・最初は自宅住所で会社を設立したんだけど、

後になってお店の所在地を会社の本店に変更した

 

という場合が多いように思います。

 

 

あとは、

 

お店の名前(屋号)を変えて、保健所には変更手続きをした。

営業許可書も書き換わっているんだけれども、

 

それで終わったと思って警察への届出をすっかり忘れてた、

ということも割とあるようです。

 

 

保健所の許可書は目に見えるので忘れないのですが、

深夜の届出は許可書のようなものがあるわけではないので

忘れがちになってしまうようです。

 

 

 

忘れてしまっていたとしても、

ちゃんと手続きしようとする営業者さんに対しては、

警察の方も決して悪いようにはしません。

(お小言はあるかもしれませんが)

 

一度きちんとしておけば、まじめな事業者さんのことは

警察の方もやっぱりちゃんと覚えてくれているようです。

 

 

「あ!忘れてた!」

 

ということがあったら、ぜひ今からでも手続きをしておきましょう。

 

 

もちろん、当事務所でも、いつでもご相談をお待ちしております。


コメントをどうぞ

CAPTCHA